図解・自動車のテクノロジー「モーターファン・イラストレーテッド」公式サイトです。

モーターファン・イラストレーテッド Vol.189「CO2」/定価1,760円(税込)/2022年6月15日発売


前の号を見る
モーターファン・イラストレーテッド Vol.189「CO2」/定価1,760円(税込)/2022年6月15日発売
  • 三栄書房ダイレクト通販
  • 楽天ブックス
  • アマゾン
  • セブンネットショッピング

CONTENTS 目次 -画像をクリックすると拡大画像が見られます。

モーターファン・イラストレーテッド Vol.189「CO2」/目次

本誌の中身をちょっとだけ紹介! -画像をクリックすると拡大画像が見られます。

図解特集「CO2」
ニュースや新聞など、メディアで「CO2」の文字を見かけない日はありません。自動車にとってもそれはもちろん同様で、そのため各社は二酸化炭素排出量削減のためにさまざまな手段を講じています。
しかし過去を振り返ってみれば、我が国の自動車産業はもともと「省エネルギー」に心血を注ぎ極限まで無駄を省いてきました。CO2というキーワードが現れたから、ではなかったはずです。
本特集では、自動車という製品が企画設計される段階から製造時、使用過程、そして廃棄リサイクルという流れの中で、それぞれのフェーズでは今、どのようなCO2削減策が施されているのかを取材しました。さらに、近年急上昇の注目技術であるe-fuelについて多くの誌面を割き、この燃料の可能性を深く考察しています。また、藻類による燃料生成技術についても2社に取材しました。ミドリムシは自動車を救うのか、エンジニアに詳しく訊いています。話題の水素についても考察しました。
エンジンの高効率化についても、これまでMFiは多くを取り上げてきただけに、今回は少し変わった視点から「高出力エンジンの高効率化」というテーマで、フェアレディZのV6ターボエンジンを紹介しています。
特集外コンテンツとしては、ひさしぶりにリアル展示となった「人とくるまのテクノロジー展」を現地で徹底取材。16ページにわたって注目の最新技術群を掲載しました。識者による問題提議連載・My opinionでは「長引く半導体不足、自動車業界は被害者か加害者か」というテーマです。
モーターファン・イラストレーテッド中身その1モーターファン・イラストレーテッド中身その2